So-net無料ブログ作成

No.368 そして・・・生まれて初めて [アート]


 

 書店の店頭に自分の名前が入った本が並ぶなんて・・・


 そんな事は生涯に一度もないと思っていました。


 芸大の同期には絵本画家が居て何冊も店頭で見掛けます。


 


   36年目にかかっている手で見る絵本「テルミ」も当初は


 店頭売りを目指して担当者が頑張ったんですが流通扱いが


 少数部数で出来ない事になり泣く泣く発行元に直接申し込み用の


 振込用紙付きになってしまいました。


 


    状況が変わり既成の本の触擦版が書店売りになったり触擦


 の迷路が出来始めたりするようになってきました。


 そうした状況の変化から触擦本の本家本元である「テルミ」から


 迷路を抜き出して「テルミのめいろ」を作る企画が小学館で。


 


    何回もの打ち合わせを経て2月末頃の発刊に決まりました。


 先日のテルミ6・7月号編集会議の時に弱視の編集スタッフが


 「予約しました」と言っていたのでネットで検索してみました。


 


  田中喜代司で検索すると てんじつき さわるえほん テルミの


 めいろ l 小学館 田中喜代司/作 が出てきました。


 


    書店の店頭で買うのを楽しみにしようと思っていましたが


 ついつい気持ちが早ってamazonに予約してしまいました(笑


 お届け予定 3月1日(木)~3月4日(日)のメールが届きました。


 


  隔月刊誌「テルミ」を通して形のイメージを共有し合うことが


 主体なのですが、それと一緒に一般の認識を広げることも大事。


 まだまだ違いに役立つ仕事は果てしなく続きます。


 


 


 


 


 おまけを追加 


 マグロ3点盛り


 P1000001.jpg


 


 


 ノドグロの握り


 P1000012.jpg 


 


 


 


  とり貝の握り

  P1000004.jpg




  いつも当ブログにお越しいただき有難うごじます。

 次回もよろしくお願いいたします。


nice!(121)  コメント(59) 

No.367 そして・・・手で見る絵本「テルミ」2・3月号

 211号になります。

創刊号から縁があって編集とイラストで関わり続けて36年目になります。

その頃はバリアフリーなんて洒落た名前もありませんでした。

駅や容器に点字の表示もありませんでした。

グラフィックデザイナーとしては不特定多数が対象でしたが・・・

目の不自由な子供達や大人達はその対象に入っていなかった・・・

その事に気付いて同じ世界を共有しようと考えて個展を通して発言しました。

その活動が「テルミ」への参加に繋がったのです。


「テルミ」の発行は凸版印刷の発砲インクの開発があっての事です。

シルクスクリーン印刷とオフセット印刷を使い熱加工で発砲インクを凸にして

手作業を入れた製本で出来上がります。

青インクの部分が発砲インクになっています。

墨字はアフセット印刷です。

画像をクリックしていただけば別枠拡大で見る事が出来ます。

よろしくお願いいたします。


予定ですが2月に今までの「テルミ」から迷路を抜き出した「テルミのめいろ」たなかきよし:さく が小学館から発行・書店で発売になります。(ネットでも購買可)


 


 スキャン.jpeg




 

 スキャン 1.jpegスキャン 2.jpeg




 スキャン 3.jpegスキャン 5.jpeg





 スキャン 6.jpegスキャン 7.jpeg




 スキャン 8.jpegスキャン 9.jpeg




 スキャン 10.jpegスキャン 11.jpeg




 スキャン 12.jpegスキャン 13.jpeg





 スキャン 14.jpegスキャン 15.jpeg




 スキャン 16.jpegスキャン 17.jpeg




 スキャン 18.jpegスキャン 19.jpeg




 スキャン 20.jpegスキャン 21.jpeg




 スキャン 22.jpegスキャン 23.jpeg




スキャン 24.jpeg






 おまけ

日本海沿岸は豪雪で1500台が雪に阻まれて動けない映像が

テレビで流れています。


出来る事なら熱々の鍋焼きうどんを差し上げたい。


でも、最近は土鍋ではなくて鉄鍋になったみたいです。



 P1000002.jpg





 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。


 次回もよろしくお願いいたします。



 

nice!(126)  コメント(63)