So-net無料ブログ作成

No.408 そして・・・「テルミ」2・3月号

 手で見る学習絵本「テルミ」2・3月号再度ご紹介

 無理を承知で視覚を失った状況に形の共有を求めた。

それは今から38年前の事です。

媒体とする触覚は抽象感覚だから形を作らない。

それでも触覚に頼るほかない。

そして立体感覚がなければ平面での表現になる。  

 視覚的感覚の事も考えた。 

現状では視覚以外の感覚に意識を集中するために顔を

刺激を追って動かすことがない。

その顔を刺激に対して動かす事が出来れば状況は変わってくる。

視覚がどんなものか身体で感じて感覚的に身につける事が

可能になって目の前が闇から闇の中に空間が出来るだろう。

「視覚的感覚(視覚のような感覚)」だ。

その課題は未だそのままになっている。

では暫くは「テルミ」2・3月号を載せさせていただきます。




テルミ217−1.jpeg


テルミ217−2.jpegテルミ217−3.jpeg


テルミ217−4.jpegテルミ217−5.jpeg


テルミ217−6.jpegテルミ217−7.jpeg


テルミ217−8.jpegテルミ217−9.jpeg


テルミ217−10.jpegテルミ217−11.jpeg


テルミ217−12.jpegテルミ217−13.jpeg


テルミ217−14.jpegテルミ217−15.jpeg


テルミ217−16.jpegテルミ217−17.jpeg


テルミ217−18.jpegテルミ217−19.jpeg


テルミ217−20.jpegテルミ217−21.jpeg


テルミ217−22.jpegテルミ217−23.jpeg


テルミ217−24.jpeg


いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

次回もよろしくお願いいたします。



nice!(157) 

nice! 157