So-net無料ブログ作成

No.353 そして・・・横浜中華街

 久しぶりに横浜中華街に行ってみた。


ウイークデイだったので混雑な感じはなかった。


今日は28日、予定通り衆議院が解散した。


小池新党「希望の党」が立ち上がり原発ゼロを公約に掲げた。


そして改憲も公約にあげた。


これは憲法の第九条に対してどうなのか正すのは此れからだろう。


リセットを口にした会見が行われた。
















170927-1.jpg











170927-2.jpg








170927-3.jpg








170927-4.jpg










170927-5.jpg










170927-7.jpg









170927-8.jpg










170927-6.jpg












170927-9.jpg








エビスープ

170927-11.jpg









エビチリ

170927-10.jpg






 




青梗菜の青菜炒め

170927-12.jpg










白酢豚


170927-13.jpg









五目焼きそば

170927-14.jpg








いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。


次回もよろしくお願いいたします。




nice!(119)  コメント(41) 

No.352 そして・・・福賀下山

 伊東の山が震えた。


雷が鳴り響き垂れ下がった分厚い雲が激しい雨に変わって


鬱蒼と生い茂る木々の葉に枝に幹を濡らしていく。


「降りるときがきたか」


福賀は電話を何件か掛けて家に引いてある温泉の湯に浸かった。


長年続いた男社会が行く着くところまで行き着いた。


性懲りも無く武器でしか政治ができない。


そんな社会を一度は情勢社会に変えてみなくては正常な状況に


戻れないと考えていた時に政治の世界に誘われた。


じぶん党がスキャンダルの連続で陥落の危機に総裁になった


山上に手伝ってほしいと頼まれ「副総理でなら手伝えます」と。


その条件を救われれば条件は何でも良い党内の状況は其れをのんだ。







 170922-1.jpg







 その時は株式会社雪月花の専務取締役の福賀だった。


ナミカと結婚してパリに来ていたホテルに山上からの電話だった。


女性の総理大臣をイメージに描いていた福賀には待っていたチャンス。


党幹部に話して直ぐ電話すると言って切ってから10分程でベルが鳴った。


「副総理で私の仕事を手伝ってほしい」


「解りました。直ぐ帰ります」


「有難う。よろしく頼む」


 そして総理になった山上が急病で国会開催の日に緊急入院で所信表明を


福賀に任され、原稿無しで代理演説を行った事はテレビでライブで放映された。


前代未聞の福賀の演説は「より良い環境つくり内閣」として世界に歓迎された。


そして女性議員を育て男性に負けない戦略を身につけるように指導した。


男性に負けない戦略も身につけた優秀な松竹梅子に閣僚経験を重ねてもらった。


そして松竹梅子を副総理にして福賀がイメージに描いた総理大臣になった。


そして福賀は政界と経済界を引退して芸術一筋の生活を伊東の山奥でおくっていた。







 14616-13.jpg







 国のトップに女性を据える事で男性社会から女性社会に変えていこうとイメージした


福賀の先約は松竹梅子の突然の死で中断してしまった。


それ以後はじぶん党の勢力に巻き返されて利権を漁る政治に戻ってしまった。


福賀はこの状況は早めに治療しなければいけないと思った。


雨を降らしている雲もそれが良いと言っている。


福賀は山を降りる決心をした。






 170606-4.jpg






 福賀は銀座にいた。


「福さん 久しぶりだね」


 福寿司の暖簾をくぐって中に入ると元気な大将の声が迎えてくれた。


「いらっしゃい」


と言いながら女将が暖簾を店の中に入れる。


いつもの事で福賀がきたら店な締める事になったいる。


カウンターの端に福賀が座ると女将がいつものように久保田を持ってくる。


「降りてきたばあかで良いんですかい?」 


「此処に来たって事はそう言う事ですね。また此処から又スタートします」


「嬉しいね。待ってましたよ」






 いつも当ブルグにお越しいただき有難うございます。


25日が手で見る絵本「テルミ」12・1月号の原稿入稿日ですので


次回は26日以後になりますが、よろしくお願い致します。



nice!(93)  コメント(23) 

No.351 そして・・・解散

 やっと辞める気になったか安倍総理。


モリ・カケ問題の追求にうんざりしたのか自分から降りる気になったらしい。


これで自公維の信任が問える事になった。


絶好のチャンス到来。


魑魅魍魎の傀儡政権にさよなら出来る。


のだが・・・。




 170919-1.jpg





 このチャンスは野党の弱体状態を見透かして今なら勝てると踏んでいてのことだ。


野党の馬鹿にされたものだ。


野党よ自公に棚からぼた餅を与えてしまった前回の轍を踏まえて頑張ってほしい。


なにがなんでもだ。


 自公の「今なら勝てる解散」なのだから戦争政党に再び政権を与えてはならない。


憲法第9条を変える必要は全くないのだから。


守らなければならない。


この一点でも野党総結集は可能だ。


野党結束して自公政権を追い落として日本を戦争に向かわせてはならない。






 170919-2.jpg






 アメリカに使い物にならない武器を買わされて利益を共用させてはならない。


そんな政府を再び作らせてはならない。


アメリカに支配された恐怖政治を再び許してはならない。


武器で平和を得ようとする政府であってはならない。


外交を重視した新しい政府を作ってほしい。







 170919-3.jpg







 主権は民に在ることを忘れないでほしい。


自由が平和の象徴で在ることを復活してほしい。


思い上がりも甚だしい安倍内閣の思い通りにしてはならない。


 国民の命と財産を守るって言う口だけの嘘つき内閣であってほしくない。


政治が自分の欲の為にあってはならない。


議員は市民のために働く人間で在ることを忘れないでほしい。


悪しき安倍政権を追い落とす「チャンス到来」を生かしてほしい。


なにがなんでも。



 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。


手で見る絵本「テルミ」12・1月号の原稿制作のため


次回は25日以降に更新します。


よろしくお願いいたします。



nice!(65)  コメント(19) 

No.350 そして・・・なんで?どうして?



昨日(9月12日)

パステル画の教室があって

世田谷は三軒茶屋の区民センターに

下高井戸から世田谷線に乗って行きました


 


170913-a.jpg






車窓から外の風景を眺めていて

ふと線路ぎわに目をやると彼岸花が咲いていました。

もう咲き始めたんだと見ていると・・・

黄色い彼岸花が







170913-b.jpg








咲いていました。

彼岸花の中では珍しいのです。

あの群生の巾着田の中でもほとんど見ることが

出来ない黄色い彼岸花です。









あとは白い彼岸花は・・・

と期待しながら探すように見ていましたが

白い彼岸花は見る事が出来なくてとても残念でした。

でも、不思議な花の不思議な色に会えて

幸せな1日でした。








170913-c.jpg










なんで?どうして?

不思議な事ってあるものですね。

当たり前と言えば当たり前、そんなものでしょう。

「話せば解る」って言って

殺された日本の首相がいましたね。


なんで?どうして?

どうしても解らないんです。


なんで?どうして?

話が出来ないでドンパチやってしまうのか

解りません。


歴史的に修正が出来ずにきてしまった。

それは悲しいことですね。


ペンは剣より強し

そんな徽章をつけた大学がありますね。

学帽はかぶらなくなっても校章としてはあるでしょう。

言った人は偉い。

でも、行ってない人は沢山います。


その学校だけを言ってる訳ではありません。

どこの大学を出ても同じような事が多いのではないか?

そんな感じがしてなりません。

この期に及んで

安倍内閣の支持率が上がるのか。

なんで?どうして?


制裁強化で国連でリーダーシップを発揮した

とんでもないです。

アメリカに言わされているだけじゃないですか。

米軍基地を置きながら独立国?

アメリカ追従の日本が

世界の中で

リーダーシップだって

ちゃんちゃらおかしくって

お臍がコーヒー沸かしちゃいます。

謙虚に真摯に・・・何を言ってるんですか

彼の言ってることを信用出来ますか?


なんで?どうして?

今まで何もしてこなかったじゃないですか。


拉致問題を重要課題に公約しながら

何もしてこなかったじゃありませんか、なんで?どうして?

そんな安倍政権を私は絶対に認めません。

拉致被害者を取り返してきたら

信用しましょう。



いつも当ボログにお越しいただき

有難うございます。

次回もどうぞよろしくお願い致します。


なんで?どうして?でした。


nice!(105)  コメント(26) 

No.349 そして・・・彼岸花後編

  お彼岸時期のなると色々なところで彼岸花=曼珠沙華が咲き始めます。

 巾着田では9月19日頃〜10月6日頃まで咲くそうです。

 では前編に続き後編の彼岸花を載せます。




 koma-10.jpg







 koma-11.jpg







  柄でもなく同期の会の幹事をしたいる。

 ここ数年も開いてません。

 二人のうちの一人から残暑見舞いのハガキが来た。

 同期の会でお会いしましょうって・・・。

 そうだ開かなければと思い立って皆んなの気持ちを聞いてみよう。

 そう思って「お伺い状」の下書きを書くことにした。

 




 koma-12.jpg








  そして下書きが出来た。

 残暑見舞いをくれたもう一人の幹事にメールで送信した。

 苦労して憧れの芸大に入ってその夏に海に友達と泳ぎに行って

 岩にダイブして亡くなった同期がいる。

 お袋さんが新橋でお好み焼き屋さんをやっていて行ったけ。

 お好み焼きは辛い食べ物の一つだ。






 koma-13.jpg







  人の喧嘩の仲裁に入って倒れ打ち所が悪くて亡くなった同期もいる。

 セミじゃないんだから何年も苦労してやっと夢が叶ってっていうのになぁ〜。

 運命って過酷なものですね。







 koma-14.jpg








  芸大には一田舎者の自分に宇宙人だって言ったあいつ。鎌倉に住んでいた。

 何で亡くなったか詳しくは誰も知らない。バイクが好きでホンダのスポーツカーを

 デザインしていたって・・・プレスリーを教わったのは彼からだった。







 koma-15.jpg










  釣りが好きでさ。

 擬似ばりを作るのが趣味で色々なの作っていた。

 私が目が不自由な子供達と形でコミュニケーションを図りたいと

 活動し始めたとき一番理解して応援してくれた。

 海に行って心筋症で亡くなってしまった。








 koma-16.jpg










  どこでどうして居るか全くわからない越中褌の日本男児。

 施設に入ったのは解っているけど連絡しても施設から合わせてもらえない

 状態の同期がいたり、手術して回復してまた倒れて逝ってしまった同期。

 24人の同期が今では11人。








 koma-17.jpg










  チャラン・ポ・ランタンのおばあちゃんは健在。

 今、現役で仕事してるのは何人いるだろう。

 私と4人位か。

 何処にしようかお店を考えるのも楽しい。

 何月になるか其れも楽しみ。







 koma-18.jpg








 koma-19.jpg









  いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回もどうぞよろしくお願い致します。



nice!(112)  コメント(36) 

No.348 そして・・・彼岸花

 彼岸花=曼珠沙華


 お彼岸の入りは9月20日(水)です。


秋のお彼岸近くなると不思議なことに彼方此方に


彼岸花が咲き始めますね。


繋がっているんでしょうか。


そうとしか思えません。


科学とは関係ないですね。


科学と関係ないものってあるんですね。


巾着田の彼岸花です。


では其の不思議をご覧あれ。




 koma-3.jpg






 koma-4.jpg







 koma-5.jpg








 koma-6.jpg








 koma-7.jpg








 koma-8.jpg








 koma-9.jpg








  此処まで前半です。


次回に後半を見ていただきます。


いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。


次回もよろしくお願いいたします。


 

nice!(90)  コメント(27)