So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

No.337 そして・・・木下大サーカス 生カキ 横浜

  桜を大分長く引っ張ってしまいました。


 また来年までの楽しみにします。


 家の近くにはカキツバタが群生しています。


 小さい花、中位の花、大きな花と色々な花が


 春を盛りと咲き木佐競っています。


 子供のころ親に連れられて行きました。


 木下大サーカス。


 自由席の券をいただいたので行ってきました。


 普通の日だと言うのに殆ど満席でした。


 撮影は禁止ですから写真はありません。






 テントが張られている風景

 170515-6.jpg







  昔の木下大サーカスの小屋の中は明るかったと思います。


 でも、今はテント内は暗くて懐中電灯で足元を照らされながら


 席まで案内されました。


 と言うのは11時開演に少し遅れて既に始まっていたからです。


 暗闇の中で照明が演者を照らす演出に変わっていました。


 時に真面にライトが当たる事もありました。


 これが新しい木下大サーカスなのかと思いました。








 170515-12.jpg









  そしてもう一つ変わっていた点は団員に外人が何人も居る事でした。


 明らかに体型が違うので直ぐ解りました。

 

 内容は目を見張るものが多かったです。


 動物が出るのがサーカスの特徴でしたので期待しました。


 先ず最初に出てきたのはシマウマでした。


 ただ円形のステージを回るだけでした。


 6頭居たと思います。


 次がホワイトライオンでした。


 10頭居たと思います。


 茶色いライオンも2頭いましたが、ライオンって動きが鈍い。


 は楽動くのは獲物を捕まえる時だけなんだ。


 そんな感じでした。


 次に出てきたのが象でした。


 丸い小さな切り株みたいな台の上で後ろ足で立ったり


 片足立ちをしたり中々の芸達者でした。


 何と言ってもサーカスと言えば空中ブランコです。


 ブランコ乗りはサーカスの花形、スターです。


 フィナーレで一人一人名前を呼ばれました。


 残念だったのはピエロが私のイメージと違っていたところです。


 そうそう、ほら・・・大阪の食い倒れにあった赤と白の縦縞の


 ブカブカの衣装。


 それではなかった。


 それ以外は内容的に素晴らしくて懐かしさを満足させtくれました。


 見てない方には面白くも何ともない話ですね。


 でも、機会があったら良い席でご覧になると良いですよと


 お薦めします。



 誰かさんみたいに「・・・読売新聞を読んでください」とは違います。


 嘘も誤魔化しも無い正真正銘な演技がサーカスですから。



 共謀罪は戦中の治安維持法と同じです。


 凄く恐ろしい法案です。


 改憲は憲法の99条に違反しています。


 福島の除染が工事をしたと装って行われていなかった所があります。


 森友学園の国有地払い下げに問題がある点は有耶無耶にさせますか。


 核兵器(発) 2016年3月時点

 

 北朝鮮 8・イスラエル80・インド 100〜120 ・パキスタン 110~120


 イギリス 215・中国 260・フランス 300・アメリカ 6970・ロシア7300


  話し合いって言葉が出てきたのは良いと思います。


 見せ掛けではなく本気で話し合いを進めてほしいです。


 自然を大事にすることが基本的な気持ちだと思います。


 


 



 


 では久し振りにおまけです。




 170515-7.jpg










 170515-10.jpg











 170515-9.jpg










 170515-11.jpg










 170515-13.jpg







 もう一つおまけ


 インスタントらーめんに周りが赤い焼豚とパクチーをトッピング

 170514-2.jpg








   ブログの友人・島倉繁夫さんの仕事が6年振りに完成しました。


 「三沢川いきものがたり」


 2017年6月17日(土)  10時〜12時 2時〜4時


 稲城市城山文化センター視聴覚センター


 行ける方は是非見に行ってください。


 よろしくお願い致します。


 






 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。


 気温の変化が激しいです。


 健康を害さないように気をつけましょう。


 次回もよろしくお願いいたします。  

No.336 そして・・・新潟・福島の桜

  GWが始まります。


 方々で混み合うことが予想されるので混まないところを静かに散策したねと


 思っています。


 今回は桜を追ってバスツアーした過去の桜を載せてみました。


 高遠城址公園と高田の夜桜と福島の三春の滝桜です。


 では・・・





 tohno-30.jpg









 tohno-29.jpg










 tohno-28.jpg










 tohno-27.jpg










 tohno-26.jpg










 tohno-24.jpg










 tohno-23.jpg










 tohno-22.jpg










 tohno-21.jpg










 tohno-20.jpg










 tohno-19.jpg










 tohno-18.jpg










 tohno-16.jpg










 tohno-15.jpg









 tohno-14.jpg









 tohno-13.jpg










 tohno-12.jpg










 tohno-10.jpg










 tohno-9.jpg










 tohno-8.jpg










 tohno-7.jpg










 tohno-6.jpg










 tohno-5.jpg










 tohno-4.jpg










 tohno-3.jpg










 

 tohno-2.jpg













 

 tohno-1.jpg













 miharu-1.jpg















 miharu-2.jpg













 miharu-3.jpg













 miharu-4.jpg














 miharu-5.jpg













 miharu-6.jpg














 miharu-7.jpg













 miharu-8.jpg














 miharu-9.jpg














 miharu-10.jpg












 miharu-11.jpg













 miharu-12.jpg













 miharu-13.jpg












 miharu-14.jpg













 miharu-15.jpg











  最後はボケの花です。


 余りにも見事に咲いていたので撮ってみた記憶があります。


 ボケは怖いでも綺麗。


 もう、福島以北には伺えません。


 後は皆さまの写真で楽しみたいと思っております。


 よろしくお願い致します。





 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。


 次回も宜しくお願い致します。





No.335 そして・・・草間彌生「わが永遠の魂」展

  No.334の続きになります。


 明日、5月22日(土)まで行われています。


まだ間に合います。


会場内の撮影が許されている事は前回に書きましたね。


折角の機会を検索不足で逃してしまいました。


作品の数は大変多かったです。


平面から半立体そして立体と多種多彩でした。


押し付けるわけではありませんが、知ってもらいたい。


感じてもらいたいと思ってブログでの紹介になります。


絵は上手下手じゃない。


これが私の持論でして好き嫌いは仕方ありませんが・・・


技術じゃない感覚の世界だったり心の世界。


そして自己表現の世界がアートだと思ってほしい。


そう思っています。





 17421-1.jpg








 17421-2.jpg

 立体作品「ドレッシング・テーブル」









 17421-3.jpg

 立体作品・無題(金色のイスのオブジェ)  立体作品「金の靴」         









 17421-4.jpg

       立体作品「The Man」壁面に展示。









 17421-5.jpg

        ニューヨークのスタジオにて・・・









 17421-6.jpg

                 立体作品・無題(イス)










 17421-7.jpg

 立体作品「流星」床に立てて展示。









 17421-8.jpg

 平面作品。









 17421-9.jpg

 平面作品。









 17421-10.jpg

 平面作品。








 17421-11.jpg

 平面作品。









 17421-12.jpg

 平面作品。










 17421-13.jpg

 平面作品。









 17421-14.jpg

 平面作品。









 17421-15.jpg

 平面作品。









 17421-16.jpg

 これは立体作品でアクリル?又は樹脂?かと思う。会場の床に設置されてた。






  アートでは究極のテーマにエロスがある。


 この中の作品に男性の性器がヤカンを吊っているものがあった。


 実際にもそんなバカな事をして遊ぶことがある。


 するとドットは何から来たのだろうか?


 いやらしい、品がない、露骨過ぎるなどと・・・上品ぶる人は


 嫌うかもしれない。


 「私はだからこの種の絵は嫌いです」って言う人は・・・


 「私は上手にかけてる絵が好き」って言う人が多い。


 では、あの混雑はなんなんだ?


 そう思いたくねる。


 名前が有名だから?


 其れだけだろうか。


 いや、其れだけではないだろう。


 そう思いたい。


 草間彌生のドットがひょっとして睾丸だったとしても・・・


 水玉模様は天然柄で草間彌生のドットは永遠の魂の象徴なのかもしれない。





 ではまた


 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。


 次回もよろしくお願いいたします。




No.334 そして・・・桜と草間弥生「わが永遠の魂」展

  東京では川には花筏が・・・なんて事になったいます。

 でも、未だ遅咲きの桜は今は盛りと咲き誇っていたりしています。

 桜はいいもんですね。

 遠目に楽しめます。

 電車の窓から見ていると彼処にも彼方にもと桜が教えてくれたりします。

 それが残念な事に今年は無かった感じがします。

 一斉にって感じじゃなかった。

 バラバラに咲き出したからでしょうか。

 此れから桜前線は北上します。

 北海道に届くのは5月のGWになるみたいです。

 撮ってきましたよ。

 近間は「井の頭公園の桜」ちょっっと離れては「千鳥ヶ淵の桜」です。

 



 
 0406-15.jpg


 
 0406-22.jpg




 0406-24.jpg 


 0406-17.jpg



  次に千鳥ヶ淵の桜


 170406-1.jpg



 170406-3.jpg



 170406-4.jpg



 170406-5.jpg




 




 170406-8.jpg




 170406-9.jpg




 170406-11.jpg




 170406-13.jpg




 170406-14.jpg





 170407-15.jpg



 170407-1.jpg




 170407-18.jpg




 170407-19.jpg





 170407-20.jpg




 170407-21.jpg




 170408-1.jpg






  そして・・・草間弥生「わが永遠の魂」展に行ってきました。

 国立新美術館では初めての大盛況ではないでしょうか。

 でも、作品展示がダイナミックで大きな部屋の4面に大きな作品がびっしり

 額なしパネルで3段になって繋がっていました。

 ですから、楽に観ることができます。

 そして新しいのは撮影OKだった事です。

 それを知らなかったのでカメラ持たずに行っていまいました。

 おまけに携帯充電切れ・・・><;

 なので画集から紹介。



 170413-1.jpg





 170413-2.jpg





 170413-3.jpg





 170413-4.jpg





 170413-5.jpg





 170413-6.jpg




 170413-7.jpg





  会期は5月22日まで・・・

 前売りは無しで当日券売り場でしか入場券は買えません。

 連日長蛇の列が続くと思います。




 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回もよろしくお願いいたします。     

No.333 そして・・・テルミ4・5月号

  テルミ4・5月「テルミ」は35年目に入りました。

 手で見る絵本が他にも出来るようになりました。

 未だ未だ見える側の絵本には到底及びませんが少しずつ増えています。

 見えたり聞こえたりが当たり前ではなくて恵まれているのだと

 そして見えなかったり聞こえなかったりがどの位不自由か

 理解や認識が広がってくれることを願わずに入られません。



 206-1.jpg



 206-2.jpg206-3.jpg




 206-4.jpg206-5.jpg



 206-6.jpg206-7.jpg




 206-8.jpg206-9.jpg





 206-10.jpg206-11.jpg




 206-12.jpg206-13.jpg





 206-14.jpg206-15.jpg





 206-16.jpg206-17.jpg





 206-18.jpg206-19.jpg





 206-20.jpg206-21.jpg




 206-22.jpg206-23.jpg




 206-24.jpg




  いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

  次回もよろしくお願いいたします。 

No.332 そして・・・無題

   無題。

  早咲の桜は咲き、菜の花も咲いていると言うのに・・・

  明るくはない。

  虚しい感じが広がるばかりだ。

  「こんなものよ」

  なんて思ってしまえば良いのか?

  どう考えても可笑しいんだから・・・そう言う訳にはいかない。

  







  2017-03-12a.jpg









  だからと言ってどうにかなるかって言うても

  どうなるものじゃない。

  ね。

  相手は権力と数の力で何でも押さえつけてしまう。

  全く歯が立たない。

  嫌ですね。

  何なんです?

  二人でニコニコ笑って写真に収まってるって

  こんな癪な事はありませんよ。

  そうでしょ。

  違いますか?

  良いて人がいる?

  だから解らないんですよ。

  人様々ですがね。




  



  2017-03-12b.jpg







  金が儲かればどんなことしても良いんですか?

  今に始まった事ではありませんがね。

  全く変わりません。

  生活水準の格差は広がるばかり。

  高級品が売れる。

  安いものが売れる。

  A5ランクの牛肉が売れる。

  かたや屑肉を加工したハンバーガーが売れる。









  2017-03-12c.jpg









  安かろう悪かろう。

  安いものに良いものなんてありゃしません。

  どうなんですか?

  冷静に客観的に考えてみましょうよ。

  愚痴みたいになっちゃいますが・・・こんなで良いんですか?

  沖縄から北海道まで米軍基地が128も在るんですよ。

  アメリカに占領されてると言って良い状態です。

  こんなんで良いんですかね。

  基地内は治外法権。

  米兵が悪い事して逃げ込んでも日本の警察は入り込んで調べられない。

  証拠を隠されたら見つける事も出来ない。

  そんなバカなって思うけど其れが72年も続いているんだから

  如何しようもない。

  何言ってもダメ。

  こんな日本で良いんですかね。









  2017-03-12d.jpg









  もどかしい。

  この一言。

  得体の知れない代物。

  原発。

  未来にどんな影響を与えても権力者は責任を取らない。

  無責任。

  公人だ、私人だって言ってるだけ。

  脳天気としか見えない。

  あ〜〜〜あ。




  今日はこの位にしときます。


  ではまた。



  いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

  次回もよろしくお願いいたします。  

No.331 そして・・・ペンタブレット参上

  仕事で描くイラストに変化をさせたいと思ってペンタブレットを買ったのが

 去年の12月26日。

 それから今日まで色々いじくっていた。

 一向に対応せず使えるように出来なかった。

 そして今日も色々いじくっていて・・・

 やっと対応して使えることが出来た。

 コンピューターは使っても使われまいと思ってやっている。



 
 2017-03-02a.jpg










 2017-02-26a.jpg








  Illustratorの画面のポインターが初めて連動して動き出した。

 やっとタブレットの上でペンを使って描くことが出来るようになったのだ。

 感動!

 先ずは線の太さを色々に変えて描いてみた。

 曲線の曲がり具合も調節できる。

 





 2017-02-26b.jpg









  出来る筈のモノが出来ないほど情けないことはない。

 一度は商品に欠陥があるのではないかと思った。

 しかし、未だ使うための手順を調べていないのではないかと

 思い直して少ない説明を見直してみると色々な手順を踏んでいない

 ことが解ってきた。









 2017-02-26c.jpg









  ドライバのダウンロードとインスタールなどがやっと出来てツールが

 生き返ってIllustratorの画面上で動き出した。

 これで製品が悪いのではなくて自分が悪かった事が立証された。

 嬉しい立証だった。







 2017-02-26d.jpg









  相手は此方が思うほど甘くはない。

 相手方はコンピューターの専門家だから自分が解れば相手も解ると踏んでいる。

 添付の説明書を見ればそう思っているに違いない思う。

 が此方は全きの門外漢だ。

 右も左も解らない素人なんだから・・・って威張っていたも始まらない。

 






 2017-02-26e.jpg









  使いたいと思っているのは此方なのだから・・・

 これは明らかに出来るか出来ないかは此方の問題。

 買うときに言われた。

 「今のバージョンでは使えませんよ」

 現在のバージョンは対応範囲に達していなかった。

 閃いたのはバージョンアップだった。

 対応するバージョンに上げればいいじゃん。

 そして先ずはOSのバージョンアップに取り掛かった。

 なかなか出来なかった。

 とうとう年を越してしまった。

 そしてLionからSierraにバージョンアップ出来たのが一月半ば

 だった。

 ところが今度はillustrationが隠れて使えなくなっていた。

 そこで、復旧をすることになる。

 これも容易に出来るほど簡単な作業ではなかった。

 あれやこれやといじりまくってやっとのこと復元が出来た。

 それが2月の初め頃。

 そして最初の計画通りにペンタブレットが使えるようになったのが

 2月26日。

 これまでの道のりの長かったこと。

 この道のりには感動という達成感があった。








 2017-02-27a.jpg










 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 よろしければ次回もお越しくださいますようにお願いいたします。 

No.330 そして・・・梅ヶ丘

  少し早めかと思ったのですが
 
 世田谷は畝ヶ丘羽根木公園に梅を見に行きました。

 なんか鼻がむずかゆい感じで

 くさめは出るは鼻水は出るはで来たかって思いながら・・・

 土日は出店も多くイベントもあって賑わうのですが

 今日2月13日は月曜日ですからお店も2軒でした。

 それでも焼き鳥焼きそばなど買いながら

 梅まつりを楽しんできました。








 



 16-02-21-12.jpg











 16-02-21-2.jpg 











 16-02-21-10.jpg












 16-02-21-11.jpg











 16-02-21-26.jpg










 16-02-21-30.jpg











 16-02-21-25.jpg












 2017-02-13g.jpg











 2017-02-13f.jpg












 2017-02-13e.jpg












 2017-02-13d.jpg












 2017-02-13c.jpg 











 2017-02-13b.jpg












  言い訳になりますが・・・途中で携帯に「充電してください」が出てしまいました。

 そのため去年の梅まつりで撮った写真も載せました。

 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回もよろしくお願いいたします。 

No.329そして・・・テルミ2・3月号

 手で見る絵本「テルミ」2・3月号


 点字絵本隔月刊誌として世界で「テルミ」だけです。

 205号創刊から企画とイラスト(この場合はタッチイラスト)で関わり

 34年になります。

 「テルミ」は目の不自由な10歳位の子供達を対象として作られています。

 印刷は墨字(家族など介助者やボランティア用)はオフセット印刷。

 触擦用に発泡インクでシルクスクリーン印刷方式を使い、印刷後に熱加工

 して凸にします。

 二種類の印刷をしたうえで製本します。

 やっと「テルミ」以外にも別の印刷方法で触る絵本が作られてきました。

 その方でも新しい動きが形になりそうです。

 全く無いに等しい触擦絵本ですから、少しでも増えて欲しいと思っています。

 
 面倒ですが画像をクリックして別枠拡大で見ていただきたいです。

 OSをバージョンアップした関係で以前と勝手が違い思うようにスキャン出来ず

 不細工な状態の掲載になりますが宜しくお願いいたします。








205-1.jpg













205-2.jpg205-3.jpg














205-4.jpg205-5.jpg














205-6.jpg205-7.jpg














205-8.jpg205-9.jpg












205-10.jpg205-11.jpg













205-12.jpg205-13.jpg













205-14.jpg205-15.jpg














205-16.jpg205-17.jpg














205-18.jpg205-19.jpg














205-20.jpg205-21.jpg














205-22.jpg205-23.jpg














205-24.jpg













  いつもお越しいただき有難うございます。

 未だ未だ寒い日が続きます。

 風邪も増えていますしインフルエンザが猛威を振るっているとか

 油断できません。

 十分ご注意のうえ穏やかにお過ごしくださいますように

 願っています。


 また次回もよろしくおねがいいたします。

No.328 そして・・・平和を求める年に

 15日になり正月もここまでなので・・・更新しました。

 先ず最初に憲法第九条を戦争が出来るように変えることに

 反対します。

 




 2017-01-08c.jpg










  
  出来るだけ早く米軍基地の無い独立国としての日本を求めます。

 そして美しい自然を持つ従来の日本を取り戻してほしいと思います。









 2017-01-11a.jpg









  得体の知れない原発を再稼働しないで無くして自然利用のエネルギーに

 変える方向に進んでほしいと願っています。









 2017-01-11c.jpg










  経済成長と言いながら年金基金を株式市場に投資して多額の損失を

 出した責任を安倍政権は責任を取ってほしい。

 ブラック企業を擁護するような残業代を払わない事を正当化する

 労働基準法を作ろうとしている事に反対。









 2017-01-12b.jpg










  そして独裁政権を起立しようと「共謀罪」を法制化しようと目論んでします。

 戦中の恐怖政治を連想される「共謀罪」に反対します。









 2017-01-12a.jpg










  勿論、辺野古基地に反対します。

 そして依然として変われない金のバラマキに反対します。

 経済・経済と金・金・金で文明の発展ばかりではなく

 文化とのバランスを考えてほしい。




 反対ばかりですが・・・今の政府のしている事に賛成する政策が

 見当たりません。



 では次回もよろしくです。 


No.307 そして・・・ことしもよろしく

2017-01-07.jpg  





 新年明けましておめでとうございます。

 前回の記事を年末から新年に編集しましたが・・・やはり新しく更新

 いた方がいいと思い直しました。

 年末にPC(Mac OS)を新しいモノにバージョンアップしました。

 そのために色々変わりました。

 一つのアプリケーション・ソフトが使えなくなりました。

 そのソフトで新しく買ったペンタブレットを使うためでした。

 プリントは出来ますがスキャンが出来ていません。

 そんなこんなで不安を引くずって新年を迎えています。

 画像を使った更新できるかどうか考えて前回を記事だけ

 編集することにしました。

 でも年賀状の画像はあるものを使えると思い。

 更新することにしました。

 今年も宜しくお付き合いのほどよろしくお願いいたします。







2017-1-1c.jpg











 次回もよろしくお願いいたします。

 





No.326 そして・・・2017年

  新しい年になりました。

 明けまして目出度くもあり、目出度くもなし。

 夫々の違いがありますから・・・

 違いなりのご挨拶をさせていただきます。

 旧年中は拙ブログにお越しいただきnice!コメント有難うございました。

 本年も宜しくお付き合いのほど宜しくお願い致します。

 今年が穏やかで平和な年でありますように願っています。

 横着をして新年から失礼致します。

 年末の更新を編集して新年用にさせていただきました。






 2017-1-1c.jpg









  次回も宜しくお願い致します。

 

No.325 そして・・・続・金沢

  二日目の金沢は予約した忍者寺から始まり・・・其れほど大きくない

 寺の中に様々な仕掛けが造られていて面白い。

 全く忍者とは関係ないところが面白い。

 そして次は東茶屋町を探索。

 趣の在る町並み。

 甘味処。

 東京の回転寿司とは新鮮さが違う回転寿司など・・・









 2016-12-0536.jpg








 


 2016-12-0537.jpg










 2016-12-0538.jpg












 2016-12-0539.jpg












 2016-12-0540.jpg












 2016-12-0541.jpg












 2016-12-0542.jpg












  2016-12-0544.jpg












 2016-12-0545.jpg











 2016-12-0546.jpg












 2016-12-0547.jpg













 2016-12-0548.jpg












 2016-12-0549.jpg












 2016-12-0550.jpg









 
 2016-12-0551.jpg












  近江町市場は凄かった。

 活気があってスペースも広く置かれて居る品物が新鮮。

 勢いに圧倒されて写真を撮るのを忘れてしまった。





 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回も宜しくお願いいたします。

No.324 そして・・・金沢

  大事な「テルミ」の仕事を納めて・・・娘の奢りで金沢へ行きました。

 名古屋万博以来の新幹線は素晴らしい。

 此れ以上の電車はもういらない。

 リニアカーなんて必要ない。

 そんな感じを持ちながら北陸新幹線"輝き”で一路金沢に向かいます。

 時は12月4日東京7:20発。





 入って来るところを待ち構えていたが新幹線は速い!
 2016-12-051.jpg




 車中の楽しみは駅弁ですよね。
 2016-12-052.jpg

 2016-12-055.jpg

 初めはサンドイッチにしようと思っていましたが直前に変更・・・それが裏目に

 冷たいわ。飯は固いわ。大外れの大失敗。





 これは家内の選択
 2016-12-053.jpg

 これは私ではなくて家内・・・



 これは娘が選択
 2016-12-054.jpg





 車中から・・・
 2016-12-056.jpg









 長野くらいに来た感じ
 2016-12-058.jpg








 日本海が見える・・・
 2016-12-0510.jpg






 早くも金沢駅に9:50着
 2016-12-0513.jpg






 2016-12-0514.jpg






 2016-12-0515.jpg








 2016-12-0516.jpg





 御朱印を書いていただく
 2016-12-0517.jpg







 21世紀美術館
 2016-12-0518.jpg







 2016-12-0519.jpg





 2016-12-0521.jpg








 2016-12-0522.jpg









 21世紀美術館のビュッへ
 2016-12-0523.jpg







 私はかれー
 2016-12-0524.jpg








 2016-12-0525.jpg








 2016-12-0526.jpg







 兼六園の雪吊り
 2016-12-0533.jpg






 2016-12-0534.jpg







 2016-12-0535.jpg










 2016-12-0528.jpg








 2016-12-0530.jpg









 2016-12-0531.jpg









 2016-12-04a.jpg








 2016-12-04b.jpg







 妙立寺(忍者寺)
 2016-12-04c.jpg   








 今日はここまで・・・続きは次回に廻します。

 次回もよろしくお願いいたします。

No.323 そして・・・手で見る絵本「テルミ」

  204号の「テルミ」12・1月号が出来上がって来ました。

 点字絵本で隔月刊誌としては世界でこの「テルミ」だけです。

 それだけに貴重です。

 大事に描いています。

 目の不自由な10歳位の児童を対象にしています。

 青色の部分(点字とイラスト)が凸版印刷が開発した発泡インクで

 シルクスクリーン方式で印刷され、辛い手から熱のトンネルを

 潜らせて凸にしています。

 其の前に墨字がオフセット印刷されています。


 画像をクリックすると別枠で拡大して見ていただけます。

 こうした世界がある事を知っていただけたら嬉しいです。

 よろしくお願いいたします。




  


 204-1.jpg




 204-2.jpg204-3.jpg




 204-4.jpg204-5.jpg





  204-6.jpg204-7.jpg






 204-8.jpg204-9.jpg







 204-10.jpg 204-11.jpg







 204-12.jpg204-13.jpg







 204-14.jpg204-15.jpg







 204-16.jpg204-17.jpg







 204-18.jpg204-19.jpg







 204-20.jpg204-21.jpg






 204-22.jpg204-23.jpg





 204-24.jpg





 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 とうとう12月何かとお忙しい年の瀬。

 風邪などひかれませんようにご自愛のほどよろしくお願いいたします。

No.322 そして・・・無題

  イメージの世界で福賀は日本で最初の女性総理大臣をつくった。

 副総理として色々な経験を松竹梅子に積み重ね。

 どんどんアメリカ以外の各国を廻って要人と会わせて

 コネクションを築いて来た。

 男に負けない戦略も福賀から学んだ。

 今までの男社会で権力で稼いでいた政治屋達のような金銭トラブルは

 固く戒めて罠に落とされないようにした。

 利権によだれをたらして甘い生活にしたっていた利権政治家が次々に

 あげられて落ちて行った。

 










 2016-11-27a.jpg













  福賀はと言うと・・・

 最初に自分の拠点と決めた伊東の山に山小屋を造って住んでいる。

 その下には第2の拠点、山海ホテルがある。

 福賀の山小屋にも温泉がひかれていて海が眺められる露天風呂がある。

 しかし、山海ホテルの温泉は山小屋とは違った使い道があって時たま

 少し山を降りて行く。

 どうも温泉と寿司とは縁が切れなくて今日も銀座の福寿司に行って

 恒例の福寿司ご一行で伊東温泉・山海ホテルに1泊旅行と一緒に

 帰って来た。












 2016-11-27b.jpg













  そんなご一行の中に今夜は松竹梅子が福賀の隣に座っている。

 福寿司の大将も板前も客もそんな事は知っていて知らない不利をしている。

 それも5・6年に出来上がった権力におもねない人間集団だ。

 高速道路の光に照らしだされる紅葉や黄葉が温かく輝いている。

 










 2016-11-27c.jpg













  現実では安倍のなにがしが行なってはいけない「駆け付け警護」に走ってしまった。

 国内では「イジメ」が酷くなるばかりだ。

 餓死する国民も出ている。

 ブラック企業では自殺者が続く。

 TPPは孤立してしまった。

 アベノミクスは大失敗に終わろうとしている。

 










 2016-11-27f.jpg













  いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回もよろしくお願いいたします。  

N.321 そすて・・・駆け付け警護

  とうとう戦地にPKO駆け付け警護先発隊が南スーダンに出発。

 今まで正当防衛に限られていた武器使用が相手の妨害を阻止する

 目的で武器を使える事に変わった。

 こうなると殆ど戦闘状態になってくる。

 なぜ武器に頼るのだろうか。

 話し合い仲裁の手段が国連の理念だったと思うが・・・。













 2016-11-17a.jpg












  なぜ武器使用に進むのか。

 それは武器が在るからなんて何の良い訳にもならない。

 要するに武器を求める者が居て、作る者がいる。

 そして使う者がいる。

 こうした図式は単純で野蛮だ。

 人を慈しむ心のかけらも見当たらない。












 2016-11-17c.jpg













  戦争の愚かさを知るのは武器に関わりのない一般市民だ。

 武器の愚かさ、話し合いの尊さを知る。

 穏やかな平和で文化的な生活を求めるのは武器と関係のない

 一般市民たちだ。

 核保有国が核を造ってはダメだと言う。

 訳の解らない国際感覚がのさばっている。

 日本の政府も其の理不尽な論理に賛成している。












 2016-11-17b.jpg













  いつまでの文化は科学に抑えられているのか。

 敗戦で染められたローレンローレンの西部劇に今でも酔っているのか。

 デキシーのジャズにようなら未だ未だ救われる。

 フランスのシャンソンは心をの和ませてくれる。

 チューインガムやチョコレートに飼いならされっぱなしも問題だ。

 ブランド物に群がり在りもしない見栄を張る。

 銀座は世界のブランドに占拠され。

 日本の銀座は何処に行ったのだろう。





 嘆きながら暫く又更新が遅れます。

 いろいろな媒体でアピールしてみて落着くのが此処。

 なんだかんだ言われていてもソネブロが一番だって解った。

 facebookでも政治に対しての情報がかなり乗っている。

 しかし、コメントの交流はソネブロが深い気がする。




 では又


 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回は26日以後の更新になりますがよろしくお願いいたします。

No.320 そして・・・松島

  仕事が忙しくなる前に松島に行ってきました。

 夜間に船からのライトで映し出される松島の島々の中には

 東日本大震災で被害にあい崩れた島もありました。

 複雑な入江の松島でさえ被害を受けた大災害の恐ろしさを

 痛く感じられました。

 端厳寺と円通寺を参拝し改めて被害に遭われて方々の

 ご冥福をお祈りしてきました。

 未だ真っ盛りとは行かないまでも紅葉が見られましたので

 紅葉の様子を載せさせていただきます。








 2016-11-06d.jpg












 

 2016-11-06e.jpg














 2016-11-06f.jpg














 2016-11-06g.jpg














 2016-11-06h.jpg














 いつも朝起きが遅くて撮った事のない朝日
 2016-11-06a.jpg













 2016-11-06b.jpg














 2016-11-06m.jpg














 2016-11-06j.jpg











 2016-11-06n.jpg











 2016-11-06o.jpg














 2016-11-06p.jpg














 2016-11-06q.jpg














 2016-11-06r.jpg














 2016-11-06s.jpg














  おまけ
 大分お寒くなりました。

 美登利寿司の木枯らしです。
 2016-11-10a.jpg










   トランプ大統領で壊れかけたアメリカどうなる壊れかけた日本。

  いよいよ正念場が来たようです。

  此れからの世界の動きに注意が肝心のようです。

  世界が平和でありますように、みんな健康で幸せでありますように。

  願うばかりです。



  ゴホンゴホンやってる人が増えています。

 先ずはお風邪を召さないように、そして風邪を引き受けないように

 外出時はマスク着用がよろしいようです。

 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回もよろしくお願いいたします。
  

No.319 そして・・・芸能の神と

  facebookを始めてみた。

 どうもLINEは手が出ない。

 facebookではLINEでと書き込んでいる人が多くいて

 その率は若い女性に多い事がわかった。

 ちょっと危ない感じがする。


 未だ未だ「手で見る絵本『テルミ』は知られていない。

 視覚障害者の事故が多い。

 前倒しでホームのフェンスを作る駅も出て来ているが・・・

 事故が少なくなってほしいから出来るだけ多くの人に見えない事の

 不自由さを知ってもらうことが大事だと思うから・・・。

 今メールマガジンと二つのブログで「テルミ」を発信している。

 そしてfacebookが加わった。

 


 歌舞伎町ゴジラビルをのぞむ
 2016-11-03.jpg








 2016-11-03b.jpg











 明治神宮
 2016-11-03d.jpg 









 
 2016-11-03c.jpg










 清正の井戸
 2016-11-03e.jpg






 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回もよろしくお願いいたします。

No.318 そして・・・御朱印巡り(3)




 今日は曇っています。

 昨日は本当にいい天気でした。

 青い空が広がって陽射しもほどほど風も気持ち良く爽やかでした。

 また天気は崩れる方向に変わる予報です。

 なんとか心は秋の空。

 変わり易いって男も同じ。

 男女平等に考えましょう。

 先ず最初に会社の役員の数を男と女同数にしたのは専務になってから

 福賀貴義が提唱して実践し最初の仕事でした。

 何かと言うと温泉に言って構想を練る。

 現実の世界で誰かが別荘に毎終末行ったのとは全く違う。

 自費で行っている。

 自分から言い出した福寿司の1泊温泉旅行も勿論福賀自身が全額負担。

 彼には他社と複数の役員契約が許されていている。

 福寿司お一行様を伊東の山海ホテル運ぶバス会社が危なくなった時に

 社長に経営を頼まれて代表取締役を引き受けた。

 其の時に「グルメバスツアー」の案を出しても誰も聞いてくれないと福賀に

 話した添乗員はそのとき高校を出たばかりの18歳だった。

 あれから福賀は魑魅魍魎の世界に招かれて副総理になり、総理代行に伴って

 総理に就任する。じぶん党と言う自分の為になる事しか考えていない悪党を

 前総理の引退を機に離党して「新党わ」をつくり改めて総理になって次の

 準備「女性の総理つくり」に掛かる。

 何処の国とも平和条約を締結して中立国を宣言し、松竹梅子を総理にして

 魑魅魍魎の世界から離れる。

 最初のスタート地点、伊東温泉・山海ホテルの傍に庵を造って住んでいる。

 イメージの福賀と現実の安倍その他の自民党議員諸々の違いは何かと言うと

 福賀は魂の尊厳を大事にして恥をしっているが安倍が率いる諸々議員たちは
 
 魂の尊厳も恥も知らないと言う事だ。

 これ程に大きな違いがあるだろうか?











 豪徳寺
 2016-10-24a.jpg














 2016-10-24b.jpg












 招き猫
 2016-10-24c.jpg















 世田谷神社
 2016-10-24d.jpg















 松陰神社
 2016-10-24f.jpg










 2016-10-24g.jpg














  2016-10-24h.jpg













  「打ち方止め」って解りますか?

 撃つのは銃。

 戦争の中で上官が言う言葉です。

 って事は未だに戦争の時代に居るってことですね。

 若い人の中では偽装戦争サバイバルゲームをしている

 人は解りますが・・・でもゲーム機の中でも銃で打ち合う

 そんな行為はしてますね。

 でも私はしていません。

 10歳の時に戦争が終わってほっとした人間ですから。

 戦争ごっこが遊びではなく現実になる事を心配しています。






 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 お越しいただけるだけでも嬉しいです。

 次回もよろしくお願いいたします。





     

No.317そして・・・御朱印巡り(2)  

  人間まだまだです。

 以前、栄久庵憲司先輩がイタリアのデザイン賞をされたお祝いの会の時に

 今は文化庁長官になられた当時東京藝術大学の学長が祝辞を述べられていた時に

 聞きもしないでおしゃべりをしていた若い男女に非常に腹が立って・・・

 おしゃべりしたいならホールの外でやれって言ってやりたいのを我慢した。

 ところが自分が其れをやってしも〜〜〜た。

 なんてことだ。

 昨日は「テルミ200号記念感謝の会」があって「テルミ」に関わりのあったり

 又、視覚障害児に関わっておられる、印刷原稿を製作する会社の方、印刷会社の方が

 参加されていました立食パーティー

 色々な方が挨拶をされていました。

 其の中で やってしも〜〜〜た。

 してはいけないおしゃべりを。

 なんてことだ。

 していまった事は取り返しがつつきません。

 家に帰って直ぐお詫びのメールを送りました。











 
 2016-10-20a.jpg












  近年横と前に広がって・・・その為にイージーオーダーでスーツをつくって・・・

 出来るだけ少しでもスリムにと御朱印巡りで調整に励んで其の成果が実りベルト

 穴が一つへって「テルミ」の編集スタッフから「格好いいです」なんてお世辞を

 まあ〜編集会議にスーツを着ていくことがなくてスーツにネクタイは始めてだし。












 2016-10-20b.jpg












  そんな事で有頂天になっていた訳ではないのだが・・・ひょっとすると空を飛んでたかも。

 乾杯の発声を降られていたが噛むわ噛むわ。

 お世話になっている方に声を掛けられ名刺を交換が思いのほか多くて点字入りの名刺を

 用意していって良かったのだが・・・其処までは良かったのだが・・・。

 
















 2016-10-20f.jpg












  弘法大師は空と海(空海)それは自然の象徴。

 そこから哲学が生まれたのかと推測する。

 今、自然の恩恵を忘れ蔑ろに考えている権力者が育っている。
 
 彼らが求めるのは宗教会の組織票。

 哲学と全く関係なし。

 利権を目当てに権力者を目指す輩が増えて居るようだ。












 2016-10-20g.jpg













  原発処理に総額30兆円 国民負担既に14兆円(東京新聞一面)

 どうする〜どうする。

 無機的な物にたよるからこんな事になる。

 自然を無視するからこんな事になる。

 電通、月100時間残業で自殺。

 感電課長、月200時間残業で自殺。

 或居酒屋チエンでも過剰労働で自殺が在ったと思う。

 死んで花実が咲くものか?ったあるじゃないか。

 










 2016-10-20h.jpg













  大会社がリコールで信用をなくしている。

 なんでこうなるの?

 利益優先に走るからこうなるのだ。

 信用を無くしたら取り消すのは容易ではない。

 原発もそうだろう。

 単細胞が利益があると考えて造ったのだ。

 アメリカの勧めを持ち帰った中曽根某が進めたのだが・・・

 原発を造って事故が起きたら如何に処理するか考えもせずに

 造ってしまったのだろう。











 鳥居の柱に龍が巻き付いている。

 2016-10-20i.jpg  












  


  また愚痴になってしも〜た。

 いけないいけない。

 自分を顧みないと・・・自分はどうなんだ。

 自問自答しなければいけない。

 それにしても訳の解らない事が多過ぎる。

 前にも「何か上の方から指令が出てやった」事件があった。

 心から国民の事を政界の権力者は居ない。

 やはり天皇皇后両陛下が日本にはいなければだめなんだと思う。

 どうなんですか?

 「生前退位」について真剣に考えられているのだろうか?

 何か軽んじられているように感じるのだが・・・。




















 2016-10-20l.jpg












  もう古いんだけど大橋巨泉が「アメリカが咳すると日本が風邪引く」って良く言ったものです。

 北野タケシが良い事言ってた。

 「五輪はギリシャを開催地に決めると良い」そうだよね。

 あそこがオリンピック発祥の地なんだから。

 開催を支援すればギリシャも良くなるしね。

 それとは別だがパラリンピックをオリンピックと別にしないで

 同じ期間に組み込んで一体化する事が良いと思う。













 2016-10-20j.jpg












 2016-10-20k.jpg










  
 

 2016-10-20m.jpg













2016-10-20n.jpg













 2016-10-20o.jpg













 2016-10-20p.jpg














 2016-10-20q.jpg


























 ここよりおまけ 

 久し振りに羽田の「つるとんたん」

 鍋焼きうどん
 2016-10-20c.jpg













 きつねうどん
 2016-10-20d.jpg













 釜揚げうどんと天婦羅
 2016-10-20e.jpg













 なぜかアールグレイ
 2016-10-20r.jpg  













 尻切れとんぼになりましたが・・・

 次回もよろしくお願いいたします。

 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

No.316 そして・・・御朱印巡り  

  本来ならば参拝して座禅や写経やお祓いをしていただいていただくものですが・・・

 御朱印所に伺ってお願いをして書いていただきます。

 では・・・

 世界の平和と皆さんの健康で幸せな暮らしを願って参拝して・・・

 戴いて来た御朱印を載せます。












 2016-10-15v.jpg












 2016-10-15w.jpg












 2016-10-15x.jpg












 2016-10-15y.jpg












 2016-10-15z.jpg












 2016-10-10a.jpg













 







 2016-10-10c.jpg













 2016-10-10d.jpg













 2016-10-10e.jpg













 2016-10-10f.jpg











 2016-10-10i.jpg














 2016-10-10g.jpg













 2016-10-10h.jpg












 2016-10-10j.jpg










 


 2016-10-10k.jpg













 2016-10-10l.jpg












 2016-10-10m.jpg










 2016-10-10n.jpg












 2016-10-10o.jpg













 2016-10-10p.jpg













 2016-10-10q.jpg














 2016-10-10s.jpg 












 2016-10-10t.jpg












 2016-10-10u.jpg












 2016-10-10v.jpg












 2016-10-10w.jpg












 2016-10-15a.jpg











 2016-10-15b.jpg













 2016-10-15c.jpg













 2016-10-15d.jpg













 2016-10-15e.jpg














  
 おまけ

 目黒の庭園美術館

 2016-10-15k.jpg












 2016-10-15l.jpg












 2016-10-15m.jpg













 2016-10-15n.jpg













 2016-10-15o.jpg













 2016-10-15p.jpg













 2016-10-15q.jpg













 2016-10-15r.jpg












 2016-10-15s.jpg













 2016-10-15t.jpg













 2016-10-15.jpg












 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 次回もよろしくお願いいたします。  

No.315 そして・・・御朱印

  うーん

 って唸ってしまう。

 世の中は何が善か悪しか決められない。

 世界は何処かでドンパチやっていて命が奪われている。

 形の上の核戦争はお互いに刺激し合っている。

 訳が解らない。

 何が正しく何が間違っているのか?

 山頭火は無にはなれても空にはなれないと言う。

 私は無になりたいと幾度おもったきとか。

 未だに無にはなれていない。

 神も仏もないのか?

 神仏に頼るようではだめだ。

 そう思っているのだが・・・今の世の中ッ自分自身を信じる以外ない。

 魑魅魍魎が住みつく永田町の常識は社会では非常識。

 其れも此れも諦めるしかないのか。

 女性に頑張ってほしいと願うのだが・・・正直な心は防衛費を軍備しと

 言ってしまう。

 核を保たなければダメだとかドンドン自民党の本音をぶちまければ良い。

 それも次の世代を担ってもらいたい女性の準備段階かも知れない。。

 最近、御朱印巡りが増えて来ていると聞き自分もやってみたくなった。

 其の一つに何か不思議なアート感覚が其処にあるからだ。




 其の前に久し振りに鎌倉









 2016-08-22a.jpg











 2016-08-22b.jpg











 2016-10-10x.jpg














 2016-08-22c.jpg













 2016-08-22d.jpg












 2016-08-22e.jpg


 此処までは8月22日








  そして最初の御朱印は調布市の深大寺、そして二つ目は高尾山。







 2016-10-06a.jpg












 2016-10-06b.jpg












 2016-10-06c.jpg












 2016-10-06d.jpg












 2016-10-06e.jpg












 2016-10-06f.jpg












 2016-10-06g.jpg












 2016-10-06h.jpg 








  
  最近とみに外出が少なくなった。

 御朱印巡りも外出を増やす助けになって良いと思っている。

 次の回は行きたいところが散在している北鎌倉に行って円覚寺

 そして東慶寺其の次は食事をしてから建長寺近くのバス停から鎌倉へ

 鶴岡八幡宮と境内に在る弁天様それぞれで御朱印をいただく。



  それでは次回もよろしくお願いいたします。

 いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

No.314 そして・・・手で見る絵本「テルミ」10・11月号

  創刊から編集とイラスト此の場合はタッチイラストで関わり203号。

 26日に12・1月号の原稿を入稿したところです。

 今日は9月30日1日早く出来上り見本が届きましたのでご紹介させていただきます。

 巷では築地市場の豊洲移転に万代続出しています。

 また、2030年のオリンピック・パラリンピックの開催に付いても福利上がる費用が

 算出されて問題になっていますが組織委員会の森さんが「一度決まったモノを変更するのは

 難しいと」突っ張っています。

 ロンドンの時もリオの時も見直しが行なわれているとか。

 出来ない話ではないようですが・・・。

  「1兆だ2兆だ3兆だなんて豆腐を数える様な事を公の場で言う事ではない」って森さん

 貴方がやってる事はそんな事じゃないですか。

 一市民から見たら豆腐を数えるみたいに兆円という途方もなく大きな金を軽く言ってる森さん。

 普通の感覚じゃないと思いますよ。

 外装や体裁に拘って威風堂々やりたいのでしょうが大事なのは中身じゃないかと思います。

 何兆円も掛けて立派な建物を新築しても終わった後の維持費は誰が払うんですか?

 森さんは全て自分が出すんじゃなくて人の金でやるんだからお金の大事さは解らないのでしょう。

 出来るだけ節約して内容の豊かなオリンピック・パラリンピックにしてほしいです。

 他にもお金の必要な案件が沢山あるんですから。


  では、未だ未だ居られていない世界で一つだけの隔月刊誌「テルミ」を押し付けがましく又も

 ご紹介させていただきます。

 青色の部分が凸版印刷が開発した発泡インクです。

 シルクスクリーン印刷した後に熱のトンネルを通して凸にします。

 墨字(黒インク)は介助ように入れてあります。

 本体はA4版の変形です。

 画像は見開きの部分があり、繋げて載せたいので縮小していますが、クリックすると

 1ページ毎に別枠拡大で見ていただけます。

 よろしくお願いいたします。




 203-1.jpg










 203-2.jpg203-3.jpg










 203-4.jpg203-5.jpg











 203-6.jpg203-7.jpg











 203-8.jpg203-9.jpg













 203-10.jpg203-11.jpg













 203-12.jpg203-13.jpg













 203-14.jpg203-15.jpg













 203-16.jpg203-17.jpg












 203-18.jpg203-19.jpg













 203-20.jpg203-21.jpg













 203-22.jpg203-23.jpg













 203-24.jpg












  いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

 天候不順の折くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。

 次回もよろしくお願いいたします。 

No.313 そして・・・27日以後まで

  手で見る絵本「テルミ」12・1月号の原稿制作が押して来ているので

 27日以後に更新となります。

 別に待たれている訳でもないので一々断ることも可笑しいのですが・・・

 長い期間を更新せずにいるのも気になます。


  拉致被害者達が解決の嘆願に行くと安倍さんは国連の場で発言すると言い出す。

 言わなければ良い事にして動こうとしない。

 沖縄の翁長知事が國を訴えても法務省管轄の裁判所は政府を意に従ってか

 地方自治側に背いて政府側に沿った判決を出す。

 やっぱり政府はアメリカ側に沿っていて我々の側に沿っていない。












 2016-09-17a.jpg












  民進党の党首に蓮舫氏がなって幹事長に元総理の野田氏を指名した。

 男社会が飽和状態で戦争状態にしか想像力が働かない状況では女性の想像力に

 委ねなければ世界は破滅にしか向かわない。

 それは解っているから女性の東京都知事や与党の党首が女性になって悪くない。

 より良い環境に転換してもらいたいと思う。

 女性の進出は良い事だから期待したい。

 でもね、櫻井よし子氏や稲田防衛大臣などがいらっしゃる。

 タカ派の女性も少なくない。

 だから安倍政権の暴走とアメリカ追従の道を変えてくれる女性に期待する。










 2016-09-17b.jpg












  政治活動費の私物化がボロボロ出て来る。

 そんなに金がほしいのか。

 何の為に政治に関わっているのかって金のため?

 ドミノ倒しは未だ未だいろいろな所で起きても不思議じゃない。

 地方から中央へドミノは起きて来るのではないだろうか。

 既に東京都の都議会は問題が続出していくだろう。

 前の知事も前の前の知事と前の前の前の知事も問題を抱えている。

 都議会にもいろいろな問題を抱えている。

 先ずは海苔弁をやめることから始めてほしい。

 










 2016-09-17c.jpg












  我々は大して政治に関心をもたずに来てしまった。

 その為に米軍基地は全く無くなる事はなく、新たに10年は保つと言われる

 基地を辺野古に造ろうとしたり残酷な被害がまたまた起きて考えるように

 なったし、その上、戦争に関わっていきそうな安倍政権の暴挙暴走に危機感を

 募らせて学生も安保以来の意識を取り戻し立ち上がってくれた。

 久しくなかったデモが頻繁に行なわれて次第に大きくなっていったでしょう。

 政府は制裁・制裁と制裁ばかりしか口にしない。

 話し合おうとする方向には一向に向かう気配がない。

 無視したり、制裁を加えたりするのはイジメの方式でしょう。

 それって民主主義なんですかね。

 民主主義って何なんでしょうか。

 学校では生徒がイジメに会っても「イジメはありません」と校長は言う。

 そして生徒は将来に夢も希望も在るのに尊い命を自ら亡くしてしまう。

 それでも、そんな重大な事を見過しながら責任をとって辞職するでもなく

 何事も無かったようにして退職金をもらって退職していく。




 16号は可成り大きくて強力は台風のようです。

 被害が少ない事を祈ります。

 自分で気をつけるほかありません。

 自然の姿も今迄の感じを越えています。

 だから、感覚を変えて対応するしかありません。




 いつもお越しいただき有難うございます。

 次回もよろしくお願いいたします。 

No.312 そして・・・政界へ

  そして福賀は株主総会で認められて専務として能力を発揮していく。

 株主にも取締会にも福賀が自由に活動することが許された。

 日本の大きな特徴は温泉だある事だと福賀は辞任している。

 たまたま伊豆半島を旅していて伊東に自分を呼んでいる感じがして

 一軒のホテルに入っていった。

 そこが後に福賀の隠れ拠点の一つになるのだが・・・

 互いに感じ合い呼び合うエスパーをご存知だろう。

 直感人間の福賀はエスパーだった。

 会社には内緒にしている新社長の月下の娘ナミカもエスパーだった。












 2016-09-06e.jpg












  国際アートフェスティバルでグランプリをとって作品を伊東の山海ホテルの

 ロビーにタペストリーとして飾るために京都の西陣織で仕立てた。

 そのタペストリーがフランンスへの第2の隠れ拠点につながる。

 その橋渡しをしたのがパリ航空の添乗員としてフランス美術家連盟を案内して

 来ていたキキだった。

 当時じぶん党の重鎮で総裁に推されていた山上からパリに新婚旅行で来ていた

 福賀に電話が掛かって来た。

 ナミカの父で株式会社雪月花の社長月下からだった。

「今、じぶん党の山上さんから君に頼みたい事があると電話があった。いいか?」

「総裁に推されている人でしょう?何でしょうね」

「君に直に話したいらしい」

 内容は直感で分かっていたから良いでしょうと返事をして切った。

「もしもし福賀さんですか?じぶん党の山上です」

「はい。福賀です」

「新婚旅行中に申し訳ない。実は次期総裁に私が推されているんだが・・・
 どうしても君の手伝いがほしい。どうだろか?」

「解りました。でもお手伝いを引き受けるためには大事な条件があります」

「どんな条件か聞かせてほしい」

「副総理としてならお手伝い出来ます」

「解った。それを私の条件として総務会に計って認められたら折り返し
 電話をします」











 2016-09-06a.jpg












  風呂上がりの福賀はバスロープのまま暫くナミカと外の景色を眺めていた。

「もしもし山上です。承認が取れました。副総理として手伝ってください」

 じぶん党は色々な不祥事で死に体だった。

 国民に信頼があるのは山上しか居ない現状では全て山上に任せるしか無かった。

「解りました。お手伝いをさせていただきます。よろしくお願いいたします」

 ところが国会の開催で総理として所信表明の演説を控えて急性盲腸炎で緊急入院

 をしなければならない事になった山上だった。

 開会を中止する訳にはいかない。

 衆院議員議長に山上は福賀副総理の代行を願い出て許された。

 そこから福賀副総理の前代未聞の原稿無し演説が此処なられる事になる。

 1時間で15分の休憩を経て2時間の総理の所信表明代理演説は終わった。

 いつもながらの不埒な野次が前半に一人あったが福賀の”気”でカクッと

 頭を下げて寝てしまった。

 其れ以来議場に野次の飛ぶ事は無かった。










 2016-09-06c.jpg










  其の快挙は勿論TVで放映された。

 街の大型スクリーンに写された国会での福賀の映像に歩みを止めて見入る人。

 店の中に備えているTVにも客の目は釘付けになった。

 福賀が専務になって此れも直感で入った福寿司の対象は素早く録画していた。

 マスコミが大きく取り上げた事は言うまでもない。

 歴代の総理は官僚が書いた原稿を見ながら殆ど全て自分の言葉ではない演説を

 さも自分のモノのように語って来たのだから。

 何故、福賀にそんな衝撃な演説が出来たのか?

 それは・・・福賀自身の考えとビジョンだったから出来たのです。

「よりよい環境つくり」これに集約される。

 政官財の環境も諸国との外交も国内の環境も・・・それは大事な課題だった。

 アメリカ追従の歪んだ関係環境しかり。

 東洋圏諸国・欧州圏諸国・東南アジア圏諸国重視の外交。

 戦争状態の集結と和平。











 2016-09-06d.jpg










  専務の時に福賀はパリに拠点を作って諸外国の要人と話し合っていた。

 その拠点がアラブ圏の王子が所有する館だった。

 キキが手引きしてくれたフランスの美術団体を紹介で福賀は個展を開いた。

 その時の画商が福賀の作品を欲しがっていると紹介されたのがヤン王子だった。

 その縁でヤン王子の館にアトリエを置かしてもらう事にした。

 其処に中国やインドそしてロシアや中近東の要人が集まった。

 福賀が中国と関わりをもち信頼される様になったのも日本の過去に過失が在った

 事実を認め謝罪の気持ちを心から伝えた事にあった。

 中国には福賀の仮住まいが用意されている。

 福賀が拉致被害者を秘かに奪還したのは北朝鮮の指導者が中国を訪問している時に

 行なわれた。

 断りも無く奪ったものは居ないと言われていた。

 だとすれば居る人達は居ない筈の人達だ。

 居なくても何の問題も無い。

 そうした話は中国の要人を通して福賀は上の人に伝えてある。

 深夜のとある港に拉致被害者達は集合した。

 其処には日本の船舶が停泊して暗闇に佇んでいる。









  一体、拉致問題はどうなっているのだろう。

 担当大事をつくって居る筈だが・・・つくっただけで働いていない。

 比べて防衛大臣は威勢がいい米軍空母になり込んだりして同盟感を

 強調している。

 が拉致問題担当大臣は居るのか居ないのか全く解らない。

 安倍総理は任期延長を目論んでいる。

 次期総理を狙っている一番目は自分としては美味しくない人物だ。

 石の上にも三年と言うが石を破ってどうするの?

 以前にTVチラチラ出て来て慇懃な話し方からして妖しさを感じさせる。

 天皇陛下の生前退位を安倍がどう対応するか見ていたが・・・

 一代に限って在りとする。

 皇室典範となると数年掛かり自分の進めたい案件が進められないから。

 そんな感じが強く感じられる。

 何で防衛費の予算が6兆円なのか?

 潜水艦・F35戦闘機・オスプレイなど巨額の防衛装備費。

 これはアメリカから買うんでしょう。

 国民の税金がアメリカに行ってしまう。

 ロッキードみたいなのは無いんですかね?

 防衛、防衛って守る事ばっかり考えて予算を組んでいる。

 攻撃される恐れが在るから防衛でしょう。

 そんなに悪い事してるんですかね。

 良い事をしようとはちっとも思わないですかね。

 話し合いを持とうと言う考えは全く無いんですかね。

 どうも解りませんね。

 戦う事は話し合いじゃないです。

 民主主義ってなんですか?平和主義ってなんですか?



 つづく


 おまけ

 先日、横浜の崎陽軒の本店に初めて行きました。
 ランチのビュッへ。
 どうもこうしたスタイルは上手に出来なくていけません。
 TVコマーシャルの「今日から冷蔵庫を開けたら崎陽軒のシュウマイ」が
 好きです。
 そんな事あり得ないから面白い。

 2016-09-06b.jpg






  いつも当ブログにお越しいただき感謝しています。

 次回もよろしくお願いいたします。  

N.311 そして・・・前にもどる (5)

  どうしてか台風の出来方や進み方が尋常ではない。

 今までの感覚で構えていては大変な被害に見舞われる。

 既に判断の甘さで助かるかもしれない方達が亡くなられている。

 此れからは早過ぎたじゃないかと苦情が出ても其の方策が必要だ。

 何でもかんでも今までの感覚を見直さなければならないようだ。

 行政にしても其の長の考え方や手腕で違いがあるのではないか。

 そんな感じがしてきた。

 政府にしても地方自治にしても可成りどんぶり勘定で行なっていると

 思われれるところが見えて来た。

 そして情報公開が妙な理由でされて来なかったり、きちっと資料をあつめて

 予算を組んだりしているのか疑問も出て来た。

 何故、黒塗りの情報が公表されるか?

 地方自治と入っても最大の東京都の問題から現政権のありかたが問えるかも。

 是非、こじ開けてほしい。










 2016-09-02a.jpg












  片やイメージの世界では何事もあり得ない形で切り開いていく福賀貴義の活躍。

 それはフィクションの世界だからの話。

 現実であり得ない事だらけなのは或る意味で夢だから。

 今は社長になった月下にスカウトされて入社して3年目の前期株式総会に乞われ

 役員会で専務取締役でならと条件をだして了承されて株式総会に出席した。

 開会の宣言の前に取締役会での人事変更の了承を得なければならない。

 月下から前社長の欠席と体調不良のため会長になって自分が新しく社長に指名されたと

 説明が行なわれ・・・

「前回に株主様方より要望がありました福賀貴義を取締役として此の場に出席させる件に
 つきまして役員会に呼びまして彼の気持ちを聞きましたところ専務取締役なら・・・」

 満席の株主達から驚きとも歓喜とも言えない声が巻き起こり会場は騒然となった。

「皆さまが驚かれたように私達も今までに前例も無く全員言葉がありませんでした。しかし
 彼は100年に一人出るか出ないかと言われている稀に見る逸材でして大企業から23の
 オファーを断って我が社に彼の夢を賭けてくれたのです。そして、化粧品部門を立ち上げ
 商品開発からデザインまで、そしてイメージづくりから宣伝に至まで全てを担って成功に
 導いてくれた功労者です。その事は今まで我が社では無かった事です。であれば彼の要求も
 当然の事だと私は納得して各役員の方々に賛同を求めました。そして彼を専務取締役として
 迎えて皆さんにご紹介させていただく事にいたいしました。福賀貴義専務取締役です」











 2016-09-02b.jpg











  福賀が壇上に上がって社長の隣の相手いた椅子に進んで一礼をしました。

「待ってました!」「待ってたわよ!」拍手、拍手、拍手・・・

 本当に此の時を株主達は待っていた。

 スタンディングオペレーションは長かった。

 福賀は其の間その場に立ったままだった。

「福賀貴義です。どうぞ宜しくお願いいたします」

 まだ株主達は座ろうとしないで拍手をしつづけている。

 女性の株主は嬉し涙を流しては拭いている。

「月下社長よくやった。貴方のお手柄ですよ。良い仕事をしてくれた」

「ありがとう。月下社長ありがとう。本当にありがとう」

 それでは株主の皆さまに新しい人事の承認を求めて議事を進めようとした。

「動議!」

 議事進行掛かりがビックリした。

「本日の株式総会は月下社長と福賀専務取締役の新しい誕生が全てです。
 業績は年々倍々と上がっています。更なる進展が楽しみです。よって
 当株主総会の閉会を望みます。何か別会場でパーティが用意されているとか
 早く其方に行きましょうよ」

「異議無し」「異議無し」「賛成!」「賛成!」











 2016-09-02c.jpg












  代々木公園内に保育園と幼稚園を造る計画が進んでいる。

 廃校になった小学校や中学校を使う方法も考えられるのでないか。

 会社に保育室もありだが通勤時間に幼児を伴うのは危険な気もする。

 戦後可成り混雑した時期が長く続いていた時はつり革が取れたり

 等ガラスが割れる事が沢山あった。

 昨日かな?田園都市線の用賀でドアのガラスに頭をぶつけてガラスが

 割れて頭を怪我した事故があった。

 まだまだ電車は危ない乗り物だ。

 幼児を電車に乗せる前に駅で預けられたら良いのではないだろうか。

 鉄道の駅に隣接した保育園は如何。

 鉄道会社とリンク出来ないか。

 既に尋常な発想では追いつかないところに来ている。

 新しい発想は想いもつかないところにある。

 


 つづく



 いつも当ブログにお越しいただき感謝しています。

 次回もよろしくお願いいたします。      

No.310 そして・・・前にもどる(4)

  福賀が稀に見る優秀なデザイナーであることは業界の誰もが認めるところだった。

 これで人材獲得勝負は明かに株式会社雪月花の勝利に終わった。

 他社はその結果を当然の事として認めて福賀の活躍を見守った。

 何故、知名度の高い既存の会社ではなく低迷している”雪月花”を選んだかについて

 福賀が化粧品で出来上がっている会社ではなく、未だ其の部門さえ持たない

 会社で化粧品部門をつくって挑戦したかった事が株式会社雪月花選択の理由として

 彼にオファーした其れ其れの会社は納得した。










 2016-08-23a.jpg















  事実、彼の働きは綿密な計算によって企画されていたので社内でのコンセンサスを

 スムースに通りながら速やかに商品の研究から、そして製造と宣伝計画からが

 一貫して流れる様に行なわれて期待に応じた成果に繋がって行った。

 彼の入社から2年後には純益が2倍になった。

 その伸び率は翌年も大きくなり株主への貢献度はますます高くなって行った。

 株主から福賀を役員にして早急に出席させてくれと要望する声が高まった。

 取締役会で福賀の役員昇格が議題に上がった。

 身体の体調が思わしくない社長が辞任の意志を告げられ会長として止まる事に

 なって副社長の月下が社長に選任された。

「ところで株主様から化粧品宣伝長福賀君の役員昇級を願う声を戴いていますが
 如何でしょうか?これから4年目になるところですが明かに彼の我が社への
 貢献度は並々ならないモノがある事は事実として収益に反映しています」

「会長としては異議ありません。彼が我が社に来てくれた事それが在っての事で
 月下さんの大きな功績だと私は思っています。同時に福賀君の働きは群を抜いて
 素晴らしい結果を出しています。年功序列を越える充分な価値があるでしょう」

「そうですね。月下さんがスカウトされた功績は大きいです。そして又スカウト
 された福賀部長も素晴らしいです。業績も2倍3倍と上がっています。私は
 賛成です。彼に電話で聞いてみてはどうでしょうか」

「そうですね。此方の意向を伝えて彼の気持ちを聞いてみます。









 2016-08-23b.jpg












  福賀の答えは役員へのお誘いに感謝します。

 出来れば専務取締役でお願い出来ればお受けしたいと思います。

 これが彼の答えだった。

「そう言う事ですが如何ですか?」

 暫く誰も唖然としたのだろう、声が無かった。

 平の役員もしくは宣伝部担当の常務取締役が通例だが、専務とは・・・

 答えに窮するのも当然だ。

「私は良いと思います。彼を呼んで理由を聞いてみませんか?」

 役員の面々は救われてように頷いた。

「そうですね。其れが良いと思います」

 彼が役員会議室に入って来た。

 其れと同時に会議室の電話がなった。

 秘書室長が電話をとる。

 表情が険しい。

「何かね・・・」

 月下社長が聞く。

「受付に総務部担当の常務さんにお会いしたいとお客様がお見えになっています」

「解った」

「あの総会屋でしょうか?」

「間違いないだろう」

 其の時福賀が・・・

「総務部担当常務さんは所用で出掛けている事にして私に行かせてください」

「君が行ってくれるのか?」

「何か策でも・・・?」

「はい、あります」

「解った。もしもし今其方に行くから応接室にご案内してお待ちねがってください」

 福賀が其の儘一階の受付に降りて行く。

「総務部担当常務は出掛けられているので私が来ました」











 2016-08-23c.jpg











  受付の社員に応接室に案内されて福賀は入った。

 入口の奥に一見して其れらしい客は座っていた。

 お茶を断ったから社員は入って来ない。

 福賀は何も言わずに背広の内ポケットから折り畳まれた書状を取り出した。

「なんだ此れは?」

 福賀は黙って書状を広げて行った。

 みるみる相手の顔が青ざめていく。

「これを証明出来るモノがあるのか?」

 福賀は上着を脱ぎシャツを脱いだ。

 そして後を向いた。

「解った。しまってくれ。今日は来なかった事にしてくれ。二度と来ない」

 飛び出すように其の男は帰って行った。

 素早くシャツを着て身繕いを済ませ福賀は応接室を出て・・・

「済んだから心配ありません」と伝えて又会議室に戻って行った。

 その間に受付から報告の電話がいっていた。

「福賀君ありがとう。助かりました。私は株主総会の度に自命がちじまる思いで
 精神的に凄く負担だったのです。今だから言いますが・・・」

「地道常務申し訳ありませんでした。役柄とは言え嫌な役をお願いしていました」

「もう二度と来ないと言っていましたから大丈夫だと思いますが其の役は僕で良かったら
 担当させていただきます」

「今まで何年も付き纏われて株主総会では会社の弱いところを執拗に追求されて大変でした」

「どんか方法で撃退をしてくれたのですか?」

 それは内緒ですと福賀は微笑んだ。

 そして入社3年で専務取締役が実現した。

 






 続きます。


 いつも当ブログにお越しいただき感謝です。

 次回もよろしくお願いいたします。    

N0.309 そして・・・前にもどる(3)

  今までに無い◯◯が多い現実では皇室典範に・・・

 これはどんな法律改正にも最優先にすすめられるらしい。

 安倍政権は先の参議院選で2/3の議席を獲得したから憲法改正?改制の

 議論を始め改憲に進めようと意気込んでいる。

 しかしだ。

 ちょっと待てよ・・・そう安倍首相の思い通に行くだろうか。

 憲法を変えられる2/3勢力は絶対権力だから

 やろうと思えばどんな事でも出来てします。




  先日、天皇がご自分のお気持ちを語られた・・・そして

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に過去の反省と今後、戦争の

 惨禍が再び繰り返されないことを願われた。

 しかし、安倍首相は加害と反省に触れずと東京新聞は報じていた。



  片やイメージの世界の福賀はデザイン界の其れだけではなく大中企業の

 注目を浴びながら低迷している中小企業に入ってしまった。

 それは新入社員の入社式が行なわれる其の日の新聞一面広告で知る事になった。

 社名変更と日本宣伝アート協会・会員で国際アートフェスティバルで

 グランプリ受賞した福賀貴義の紹介と化粧品宣伝部・部長として入社が大きく

 掲載されていた。




  何故どうして?

 オファーをしていた夫々の会社は最大級の衝撃に打ち拉がれた。

 彼の働きは想像以上のものがあることは株式市場に大きな反映で明かだった。

 そして株式会社雪月花の総務部には株主からの電話が殺到した。

 その年のクリスマスには雪月花化粧品が発売されTVCMを始め店頭や野外広告や

 駅の巨大広告の斬新さは驚きとともに好感をもって歓迎された。

 TVCMには手話が取り入れられ視覚障害をもつ人達には福音声でのCMメッセージ

 送られて商品の情報やイメージが伝わった。

 




 つづく


 おまけ

 蕎麦処「湧水」の九割蕎麦
 2016-08-11a.jpg









 深大寺参道入口なある「鬼太郎茶屋」の庭にて・・・
 2016-08-11b.jpg









 吉祥寺atre地下にて
 2016-08-11c.jpg










 2016-08-11d.jpg










 2016-08-11e.jpg











 戦争はいけません。

 戦争に巻き込まれる方向に進め事だけは何としても

 避けなければ行けません。

 いつまでも核の傘下に居て良いのでしょうか?

 歴史から何を学ぶのでしょうか?

 反省無くして未来があるのでしょうか?






 いつも当ブログにお越しいただき感謝しています。

 次回も宜しくお願いいたします。  

No.308 そして・・・田中喜代司と「テルミ」202号

 梅雨が明けました。

  ギラギラした太陽が眩しい毎日になります。

    残暑お見舞い申し上げます

   非情で凄惨な悲しい事件が起こり、今までに無い地震や豪雨が

  局地に集中しています。

  地球はどうなって行くのでしょう。

  当り前の事が当り前であってほしいです。



   グラフィックデザインの仕事を来ていて其の仕事は

  不特定多数の人を対象と居ているものでした。

  ところが其の中に目の不自由で物事を見て感じる事が出来ない日とて地が

  入っていない事に気が付きました。

  其れは或る日突然にです。

  それでは行けないと一緒に形を楽しめる様にしようと思い立ったのです。

  一般の人達に見えない世界が在る事を知ってもらおうと作品を作って

  アピールする事にしました。

  東京だったら銀座だろうと銀座で個展を行う事にしました。

  ケント紙を4枚重ねて後から反転した下絵の選を追って突き出しました。

  それは点字の手法です。

  それから36年ほど経ちます。

  テルミに創刊号から関わらせていただき34年目になります。
  
  202号の8・9月号です。

  青色の部分が凸版印刷が開発した発泡インクで印刷して熱加工し

  凸になっています。

  画像はクリックしていただくと別枠拡大で見ていただけます。






  

  terumi202-1.jpg





  

  terumi202-2.jpgterumi202-3.jpg










  terumi202-4.jpgterumi202-5.jpg










  terumi202-6.jpgterumi202-7.jpg










  terumi202-8.jpgterumi202-9.jpg










  terumi202-10.jpgterumi202-11.jpg






  
terumi202-12.jpgterumi202-13.jpg










  teruki202-14.jpgterumi202-15.jpg





  terumi202-16.jpgterumi202-17.jpg










  

terumi202-18.jpg terumi202-19.jpg










 terumi202-20.jpgterumi202-21.jpg










  terumi202-22.jpgterumi202-23.jpg










  terumi202-24.jpg







   いつも当ブログにお越しいただき有難うございます。

  次回もよろしくお願いいたします。


前の30件 | -